Arisa2020.06.13

🦙家畜としてのアルパカ 新型コロナウィルスの抗体採取 動物のはなしをしたいと思います。🌿 皆様、アルパカをご存知ですか?  私は牧場飼育員時代は主に アルパカを担当していました。 興味がある方は是非…見てみてください。笑 アルパカは南米ペルーが原産の動物。 主に上質な毛を取るために野生種などを改良されて 出来た種類で、ラクダの仲間です🐪 標高3000〜5000メートルほどの高山に放牧 されています。日中は20度、夜はマイナス20度と 過酷な環境に生息。 ちなみに主な用途は上質な毛!🧶 毛の細さはなんと0.02mmほど。 毛の中は空洞になっており、空気が含まれ 保温効果は抜群。羊毛と違って油分が ほぼなくサラサラ、匂いもしません。 ちなみに毛刈りしなければ伸び続ける為、 体調管理の為にも毛刈りは必須です。 毛の色は天然色で細かく分けると20色以上! 原産ペルーでは肉を食べることもあるそうですが それ以外の国ではあまりメジャーではありません。 毛は、セーター、マフラー、手袋、帽子… 何にでもなります。 飼育員時代は、毛刈りした毛を洗い 写真のようなブローチなど作っていました。 日本ではペルー、オーストラリア、 ニュージーランドなどから輸入され 観光牧場などでふれあいなどの目的で 飼育されていますが… 実は昔からアルパカの血液に注目が 集まっており、 最近ではニュースで取り上げられるほどです。 最近の目的は新型コロナウィルスの抗体を アルパカの血液を利用し採取する為。 血液に抗原を注射し、血液中に抗体を作らせ 採取する、という流れかと思います。 注射自体は日常的な健康管理において 利用される手段ですが、 抗体に関しての知識がないですし 一概に良い悪いとは言い難い。 しかし、 意外な、様々な所で利用される動物たち。 元飼育員として、 牧場や動物園の在り方 日本のペット産業、動物の扱われ方 もっと勉強していきたいです。 ヴィーガンの方の中で、 動物のいる施設などに行かないとしている方も 多いかもしれませんが、 もし行く機会があれば、動物そのもの、 飼われている環境や行われている研究など 実際に見て、声を残してみると良いかもしれません。 飼育員がいれば、質問するも良し。 お客様の声は大きな力があります。 全ての動物がよりよい環境で健康に その動物らしく生活出来るように 自分が出来ることは何かな? ‎‎#家畜 ‎‎#動物 ‎‎#アニマルウェルフェア


シェアする

COMMENT

おすすめ記事