tacaco2020.07.08

子供の頃からお肉が苦手で、とにかくフルーツが大好きだった私。 16歳の時にふとしたきっかけで食べることが怖くなり、食べ物をほとんど口にしなくなりました。 それが原因で子宮の機能はストップし、子供が欲しいと思った時には不妊治療をせざるを得なくなっていました。 もちろん肌には艶もなく、顔色も暗い。 34歳で念願の出産後、ローフードに出会い、私は食べる喜びを感じ、外へ外へ行動するようになり、人生が変わりました。 それ以来、ローフードが基本の食生活をしています。 お味噌や梅干しをはじめとする日本古来のスーパーフードは欠かしません。 元々塩気の強い物は苦手なので、自分でサラダを作る時は「塩なし、オイルなし、砂糖なし」が基本になり、お味噌や梅干しなどで塩気を付けています。 そんな私のニンジンのラペをご紹介しますね。 ・ニンジンをスライサーで細く薄くする。 清潔な手でもみこむ。(塩は入れなくてもしんなりします) アップルサイダービネガー(りんご酢)を掛けておく。 そこにに、グレープフルーツ、八朔、甘夏などさっぱりとした柑橘の実を取り出し、混ぜる。これだけで美味しいです! 甘味がもう少し欲しい時はレーズンを加えて下さいね。 調味料をほとんど使わない代わりに私が心掛けていることは、使う素材を選ぶことです。 可能な限り農薬が使われていない、信頼できる生産者さんから購入すること。 大切に育てられた野菜の味を覚えると、全然違うことに気付けるはずです。 是非、塩無し、オイル無し、砂糖無しのニンジンのラペ、試してみてくださいね😊
シェアする

COMMENT

おすすめ記事