私たちがプラスチックを食べてる!?

Bene2021.03.11

 

私たちの生活のいろいろな場面で利用されているプラスチック。

 

手軽で耐久性に富み、安価に生産できることから、製品だけでなくビニールや発泡スチロールなどの包装や梱包、緩衝材、ケースなどにも幅広く使われています。

 

プラスチックから発生する目に見えないくらい小さなプラスチック粒子(マイクロプラスチック)の問題も深刻化しています。

 

今回は、マイクロプラスチックが与える影響についてご紹介します。

 

 

マイクロプラスチックとは

 

5mm以下のサイズになったプラスチックのことをマイクロプラスチックと呼びます。

プラスチックは自然分解されず、半永久的に残ると言われています。

 

■  一次マイクロプラスチック

製造された時点ですでに5 mm以下の小さなプラスチックのこと。

歯磨き粉や洗顔料に含まれるスクラブ剤や、コスメに使われるグリッターなど。

 

 

■   二次マイクロプラスチック

プラスチック製品が劣化して小さくバラバラになったもの。

ペットボトルやプラスチック袋などのプラスチック製品が、太陽の紫外線の作用や岩・砂などのなんらかの外的要因によって小さくなります。

 

 

環境に与える影響

 

■  物理的被害

海の中の生物がマイクロプラスチックを食べてしまう問題も挙がっています。

東京湾で釣った64匹のイワシのうち、77%にあたる49匹のイワシの体内からマイクロプラスチックが出てきたという調査結果が報告されています。(参照:海洋マイクロプラスチック調査結果

 

■  化学的被害

石油から作られるプラスチックは汚染物質を吸着しやすい性質があります。

海を漂い海洋生物を傷つけるだけでなく、環境ホルモンなどの有害物質を海洋生物へ行き渡らせる運び屋になっています。

 

 

マイクロプラスチックはどこから

出るの?

 

流出経路はまだ明らかになっていません。

 

マイクロプラスチックの元となる海洋プラスチックゴミの原因は、ごみ収集の際に漏れてしまったものやポイ捨てなど、私たちの暮らしの中からでるゴミが8割と言われています。

 

化粧品・衣類の洗濯・洗顔料・歯磨き粉・ボディシャンプーなどのケア商品には、角質や汚れを落とすためにマイクロプラスチックが使用されていることが多く、主に「ポリエチレン末」や、化粧品においては「コポリマー」と記載されています。

 

 

食物連鎖によって人間の体内にも…

 

人間は毎週5グラムのマイクロプラスチックを摂取していると指摘する研究結果があり、これは年間でりんご1個分に相当します。

 

細胞実験では以下の影響があるという研究結果も出ています。

 

○ 女性…乳がん・子宮内膜症の増加

○ 男性…生殖機能低下

○ 胎児…発育異常・知能への影響

 

 

プラスチック削減に対する世界の

取り組み

■  オランダ:Ekoplaza(Ekoplaza Lab)

 

イギリスの” A Plastic Planet ”とオランダのオーガニックスーパー” Ekoplaza ”による取り組みで、世界初となるプラスチック包装を全く使わない「プラスチック・フリー」の商品だけを集めたポップアップストアのスーパー「Ekoplaza Lab」を2018年に展開。

世界で多くの注目を集めました。

 

Ekoplaza Labの商品パッケージにはプラスチックを使用せず、環境に優しい生分解可能(捨てられた後も12週間以内に自然に還る)な素材で包装しています。

 

現在、Ekoplaza Labは閉店していますが、Ekoplaza Labで扱っていたプラスチックフリーの商品はすべてのEkoplazaストアで購入できます。

 

また、Ekoplazaはプラスチック協定に署名しており、無限にリサイクル可能なガラス瓶など、プラスチックの代替となる素材を積極的に活用しています。

 

 

■インドネシア:Evoware

 

Evowareは海藻で出来た食べられる包装紙を開発。

インスタントコーヒー、インスタント麺の具材包装に使われるなど、そのままお湯を注いで食べられるだけでなく、包装紙自体に栄養があり、人の健康にも配慮しています。

 

世界各国では、マイクロプラスチックによる海洋ごみ問題が深刻化しており、早急な対策を求められています。

 

(画像参照)

The Royal Society "Microplastics in freshwater and soil"

SOL Organics "Microplastic Pollution"

green queen "Scientists Can Now Detect Microplastics In Human Organs & Tissues"

4Ocean "Microplastics: Not Just in the Ocean Anymore!"

INOTEK "Evoware"

Ekoplaza

シェアする

COMMENT

おすすめ記事