動物の労働力を利用しない おすすめココナッツオイル

Bene2021.03.01

 

健康や美容の観点から注目が高まっている「ココナッツオイル」

 

ココナッツ生産世界第2位のタイでは、ココナッツ産業が苦境に立たされています。

 

米国の動物愛護団体(PETA)が、ココナッツの収穫に猿の労働力が利用されていると発表したことがきっかけです。

 

PETAの調査によると、タイ各地の8つの農園で、猿は1日約1,000個のココナッツを収穫。

赤ちゃんのときに母猿から略奪し、逃げないように鎖で拘束され、ココナッツ産業のための訓練所に送られます。

 

母猿は主に射殺され、生きる権利は無視されているのが現状です。

 

 

 

こうした状況が明らかになったことで、小売業大手のコストコはタイの供給会社から仕入れたココナッツミルクを商品棚から撤去したりと、動物からの搾取を拒否する声が挙がっています。

 

今回は、猿の労働力を利用せず、美味しく食べられるココナッツオイルをご紹介します。

 

優しい選択のできるココナッツオイル、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

La Tourangelle オーガニックバージン

ココナッツオイル ¥1,066(税込)

 

軽く乾燥させたコールドプレスで処理したオーガニックのココナッツから手作りしています。

 

伝統的なトロピカル料理やボディケアにも使用可能。

 

 • 100%オーガニック

 •  オーガニックのアルチザンオイル

 •  非遺伝子組み換えプロジェクト認証

 •  USDA(米農務省)オーガニック

 •  コーシャ

 •  グルテンフリー

 •  ヴィーガン

 •  ナトリウム不使用

 •  パレオダイエット対応

 

詳細はこちら。

 

 

cocowel 有機プレミアム

ココナッツオイル ¥1,026(税込)

 

cocowel(ココウェル)は日本初のココナッツ専門店✨

 

ココナッツオイルを使いたいけれど、香りが苦手で・・・という方におすすめ! 

 

ココナッツの果肉を天日干しした「コプラ」からオイルを抽出し、活性炭と粘土鉱物(ベントナイト由来)で濾過・精製をして香りを除去。

 

生食、加熱調理どちらにも使用可能です。

 

詳細はこちら。

 

 

nutiva  オーガニック

ココナッツオイル ¥2,247(税込)

 

オーガニックの乾燥ココナッツを圧搾してクリーミーなオイルを実現。

 

ココナッツ特有の風味も少ないため、どんなメニューにも合います。

 

 •  USDA(米農務省)オーガニック 

 •  非遺伝子組み換えプロジェクト認定 

 •  コーシャ 

 •  QAI(国際品質保証)認定オーガニック 

 •  ヴィーガン

 •  ヘキサン不使用

 •  非水素化 

 •  トランス脂肪酸フリー

 

詳細はこちら。

 

 

Artisana 生ココナッツバター

¥915(税込)

 

 

 

オイルに果肉も合わせた、添加物不使用の本来の味と香りが堪能できます。

 

使用するナッツは炒ったりトーストしたりせず、ロー(未加工)認定された最低限の加工で、消化吸収に負担が少なく、すぐに体内でエネルギーに変換。

 

お好みのスムージーに加えるほか、グラノーラ、オートミール、トースト、パンケーキなどの朝食に塗るなど、いろいろな使い方ができます✨

 

•  ホールココナッツピューレ

•   USDA(米農務省)認定オーガニック

•   非遺伝子組み換えプロジェクト認証

•  クリーン認定

•  ローフード認定

•   QAI(国際品質保証)認定オーガニック

•  ヴィーガン

•  グルテンフリー

•  KSAコーシャ(コーシャスーパービジョンオブ

  アメリカ、コーシャ認証

 

詳細はこちら。

 

 

California Gold Nutrition

コールドプレス製法オーガニック

バージンココナッツオイル ¥876(税込)

 

ココナッツ果肉から液体をコールドプレスし、漂白剤を使用せずにオイルを分離。

 

なめらかなココナッツの香りと味が特徴です。

 

 •  国際品質保証(QAI)USDA認定オーガニック

 •  第三者監査による現行適正製造基準(cGMP)

   登録(認定)施設で製造

 •   遺伝子組み換えなし

 •  ヘキサン / 農薬不使用

 

詳細はこちら。

 

シェアする

COMMENT

おすすめ記事