allbirdsのサステナブルな取り組み

Bene2021.02.25

 

元プロサッカー選手のティム・ブラウン氏、再生可能エネルギーの専門家ジョーイ・ズウィリンガー氏がサンフランシスコで立ち上げたブランド「Allbirds(オールバーズ)」

 

俳優のレオナルド・ディカプリオやスターバックス元会長のハワードシュルツ氏も出資し、アメリカで人気を集め、その波は日本にもやってきています。

 

今回は、サステナブルで世界一快適なシューズ Allbirds (オールバーズ)の魅力をご紹介します。

 

 

驚くほど軽く、柔らかいオールバーズのスニーカー

 

「世界で一番履き心地がいい」とも評され、シューズのベースであるウール素材は夏でも蒸れにくく季節問わず愛用できます。

洗濯機で丸洗いも可能✨

 

通気性と温度調整機能にも優れ、軽量かつストレッチ性があり機能性もさることながら、ミニマルで洗練されたデザインも魅力の一つです。

 

 

サステナブルなモノ作り


1.  カーボンフットプリントの削減


 

「カーボン(炭素)」とは、二酸化炭素(CO2)のことを指し、「フットプリント」とは、その排出量を表しています。

 

オールバーズでは、製品の素材から廃棄に至るまでのプロセスすべてのカーボンフットプリント排出量(温室効果ガス排出量)を測定し、明記しています。

 

2019年には、カーボンニュートラル(二酸化炭素の排出量と吸収量を同じにすること)達成を宣言。

 

店舗には各シューズのCO2排出量が表示されたポスターを貼るなど、透明性の高い情報開示を行っています。

 

最終的なゴールとして「カーボンフットプリントをゼロにすること」を目標に掲げています。

 

 


2.  自然由来の素材を使用


 

スニーカーと言えば、化学素材を利用することが一般的。

しかし、オールバーズは動物福祉・環境保全を意識しながら、自然由来の持続可能な素材を採用しています。

 

牧場の水質・土壌環境保全・羊の健康とストレスフリーを第一とする飼育下で作られたメリノウールである、ZQメリノ(持続可能なメリノウールの認証) を使用。

 

また、通気性に優れたテンセル素材のアッパー部分には、持続可能な森林保護制度(FSC認証)を受けたユーカリ繊維を使っています。

 

二重構造でクッション性と反発力を高めたミッドソール部分には、サトウキビから生まれた「SweetFoam™(スイートフォーム)」を採用。

 

コットンなどの従来の素材と比較しても、水の使用量は95%、CO2排出量も50%削減と環境保全に貢献しています。

 

ほかにも再生ポリエステルを使用し、インソールには従来の石油の代わりにヒマシ油を用いて炭素排出量を抑えるなど、環境に配慮したモノ作りに力を入れています。

 

 


3.  再生可能な素材で独自の糸を開発


 

快適性と持続可能性において、オールバーズが求める高い基準を満たす糸が見つからなかったことから、独自の糸を発明。

 

再生可能な素材であるユーカリとメリノウール(Trino™)を組み合わせて、驚くほど柔らかくて通気性のある繊維を開発しました。

 

さらにそれを進化させ、天然の消臭機能を備えたTrinoXO™を開発。

 

TrinoXO™は、地球上で最も廃棄されている資源の一つである、ズワイガニの殻から採取される天然素材 ”キトサン” を世界で初めて使用したアパレル生地です。

 

地球にも人にも優しい素材にこだわりながら、天然素材やリサイクル素材などを取り入れて、環境への負担を減らすモノづくりに取り組んでいます。

 

 


4. リサイクル資源の活用


 

オールバーズの靴紐はリサイクルボトルから作られたもので、90%リサイクル段ボールを使用して、靴箱・買い物袋・郵送袋を作っています。

 

また、古いナイロン(リサイクルナイロン)を再活用することで、ニットの耐久性を高めています。

 

オールバーズは、品質に対する自信の現れとして、商品の出荷日より30日以内であれば、屋内外問わずどれだけ使用しても交換可能。

 

さらに、試し履きで不要になったシューズは Soles4Souls (ソールズ フォー ソールズ)を通じて、靴を必要としている方々に寄付。

 

Soles4Souls®によって、使用済みのオールバーズのシューズは世界中で再活用されています。

 

 

まとめ

 

オールバーズはこれまでご紹介したように、羊毛・ユーカリ・サトウキビなどの再生可能資源や地球に優しい背景をもつ素材のみを使用しています。

 

環境に優しい土地利用をしている素材や、動物福祉の高い基準を満たしている素材、収穫にかかわる人々の生活を守っている素材など… 

どのように作られているかを重視することで、よりサステナブルな商品を消費者に提供できると考えています。

 

 

 

日本で唯一の店舗、原宿店はニューヨーク店での売上を超えることもあり、日本でのサステナブルプロダクトをリードする存在になっています。

店舗で購入すれば店舗オリジナルの靴紐がもらえ、時々気分を変えたりして楽しむことも◎

 

サステナビリティへの関心を高める、オールバーズの今後の展開に注目です。

 

シューズやアパレル、アクセサリーなどさまざまなサステナブルな商品を展開していますので、ぜひホームページをチェックしてみてくださいね✨

 

シェアする

COMMENT

おすすめ記事