tacaco2020.05.10

アボカドは好きですか? 私は大好きです! もう何年も家にアボカドのストックが無い日はないくらい。 家の近くで、アボカドはここで買うと決めているお店があります。 なぜか、ここのはハズレがないのです。 先日も顔馴染みの店員さんが私のカゴを見て「いつも買われてますよね~!アボカド美味しいですよね。でも、カロリーが高いから、食べると太っちゃいそうで…」 私は「えへへ」と流してその場を立ち去りましたが、喉まで出ていた言葉は「大切なのは、なにで脂質を摂るか。何を身体のエネルギー源とするか、だと思います。」 たくさん油が使われた揚げ物や炒め物。 サラダには油が主原料のドレッシング。 パンにはたっぷりのバターなど。 おやつにも油を含んだ物。 そこにアボガド・・では確かに摂りすぎですよね。 私は家での食事では液体のオイルはほぼ摂りません。 サラダには手づくりのドレッシングか、時には柑橘類を混ぜて軽く揉みほぐし、果汁を絡めます。 そこに油分としてアボカドを加えています。 アボカドを混ぜ合わせるだけで程よい油分が加わり、食材同士が絡み合い、一体感が生まれてサラダがメイン感覚になります。 アボカドにはバターなど乳製品や肉類と同じく飽和脂肪酸が含まれていて、『森のバター』と呼ばれていますよね。 動物性食品や液体のオイルを使わなくても味に深みが出ます。 時には、そんな日を作ってみるのも良いのではないでしょうか。 「食べたもので身体が作られる」のであれば、どんな油を身体に入れたいか…??どんな物をエネルギーとして身体に入れたいか…?? と考えると、選ぶものもシンプルになってくるのではないでしょうか。 元の姿の見えない加工品より、そのままの形で売られている物を。 目に飛び込んでくる色鮮やかで美しくフレッシュな食べ物を。 「私の身体の一部になってほしい!」という直感で食べ物を選んでいきたいなと思っています。 生きたエネルギーを摂り入れて腸を綺麗に。 アボカドには、動物性食品には含まれていない食物繊維も豊富なので、腸を守りながら脂肪酸を摂ることが出来ますよ! 腸が綺麗になると思考がクリアになります。 そうするとどれが真の自分の声なのかが分かってくる。 どれが直感なのか分かってくると、自分が求めている物や事柄がとてもシンプルであると気づけるような気がしています。
シェアする

COMMENT

おすすめ記事