週一ベジで地球貢献!ミートフリーマンデーとは?

Bene2021.07.09

元Beatlesのメンバーであるポール・マッカートニーが立ち上げた運動「ミートフリーマンデー」

 

なぜ週に1度だけ肉を食べずに菜食を実施することが地球環境保護につながるのでしょうか? 

 

 

1.肉食が世界と私たちに及ぼす影響

問題として、健康 / 動物福祉 / 地球環境 / の3つが挙げられます。

 

特に肉食の及ぼす影響が大きく、週に1回肉食を減らすことで、二酸化炭素の排出量が約1キロ減り、503リットルの節水になると言われています。

 

◆心臓疾患やがん、糖尿病や肥満といった

     健康リスクの増加

 

◆牛のゲップと言われるメタンガスは、二酸

     化炭素の21倍の効力を持つ。

 

◆24億人に供給できる穀物を、家畜の飼料用

     として生産・消費など。

(※世界の飢餓人口は約8億人と問題視され

         ています)

 

 

2.東京都庁でミートフリーマンデーがスタート!

 

2018年のポール・マッカートニー来日の際、アドバイスを受けた東京都庁でもミートフリーマンデーを導入することを決定し、職員食堂でベジメニューの提供がスタート。

 

職員だけでなく観光客を含めた一般の方も利用可能で、世界的に高まるベジ思考への姿勢を世界へアピールする機会にも繋がります。

 

 

3.世界の取り組み

 

◆アメリカ:

ミシガン州知事がミートアウトデー(肉なし日)を宣言し、ベジタリアン生活を推奨。

 

◆ベルギー:

ゲント市は、「菜食の木曜日」を制定し、公共機関や学校が週一ベジデーを制定。

 

◆イギリス:

オックスフォード・ロンドン・マンチェスターなど国内のほぼ全ての大学・学食でベジタリアン食を導入など。

 

 

4.食卓から環境貢献

 

毎日の食生活を考え直すことで地球環境保護に貢献できるミートフリーマンデー。

 

ベジタリアン料理で工夫することで、レパートリーも広がります。

 

週に1日だけベジタリアン料理に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

 

 

(参照)

ミートフリーマンデーの意味は?内閣府や都庁でもベジタリアン食導入! | VEGESPIベジスピ (gokigendays.com)

 

ミートフリーマンデーとは?気軽にヴィーガン・ベジタリアンを始めてみよう | ハッピーキヌア ヴィーガン情報 (happy-quinoa.com)

 

月曜日だけお肉を食べない「ミートレス・マンデー」がおすすめの理由(ウィメンズヘルス) - Yahoo!ニュース

 

MeatFreeMondayjp.pdf (somenoya.com)

 

ポール・マッカートニーが提唱した「ミートフリーマンデー」 月曜日の“脱肉” が地球を救う | ELEMINIST(エレミニスト)

シェアする

COMMENT

おすすめ記事