美味しい、お得、環境に優しい

旬の食材を選ぶメリット

Bene2021.10.03

皆さんは普段食材を購入するときに、旬を意識しているでしょうか?

 

近年では、施設栽培の普及や海外からの輸入により、季節に関係なく様々な食材をいつでも手に入れることができます。

 

しかし、旬の食材を意識して選ぶことで環境への負荷を減らすことができるとしたら…?

 

安くて美味しいだけでなく、環境にも優しい旬の食材を選ぶメリットを紹介していきます✨

 

 

旬とは?

旬とは、自然の中で育てた野菜や果物、魚が多くとれ、新鮮で栄養価が高く美味しい時期のことです。

 

 

旬の食材を選ぶべき理由①

🐟 栄養価が高い

一般的に、旬の時期の野菜や果物は栄養価が一番高いと言われています。

 

例えば、冬場が旬のほうれん草は夏場に収穫されるものに比べると3倍のビタミンCが含まれているそうです。

 

また、魚にも旬があります。

 

産卵期直前は、エサをたくさん食べているので栄養価が高いだけでなく、脂肪分も多く味も美味しくなります。

 

旬のサンマやイワシは、そうでない時期に比べてDHAやEPAが多く含まれます。

 

 

旬の食材を選ぶべき理由②

👛 お財布にやさしい

旬の食材は収穫量が多くなるので、季節になると安く大量に流通します。

 

 

旬の食材を選ぶべき理由③

🍃環境への負荷が少ない

旬以外の季節に作物を栽培するとなると、ビニルハウスやガラス室などの施設栽培になってしまいます。

 

施設栽培がエネルギーを消費し、温室効果ガスを排出してしまう一方で、旬の食材は、比較的エネルギーを使用せずに済むのでエコだと言えるのです。

 

 

旬の食材 × 地元の食材 = メリット

だらけ!?

旬の食材を選ぶだけでなく、産地が近い地元の食材を選ぶと更に良いです。

 

地元の農家をサポートできるだけでなく、新鮮であり、輸送にかかるエネルギーの使用量やCO2の排出量が少なくて済むのでより環境負荷を減らすことができます。

シェアする

COMMENT

おすすめ記事