ヴィーガン食の味付けどうしてる?

意外と知られていない

非植物性の調味料

Bene2021.11.26

ソース画像を表示

ヴィーガン・ベジタリアン生活を実践するうえで、あるあるな(?)お悩みといえば、「調味料」の選択...。

 

スーパーなどで見かける調味料にはチキンコンソメやかつお出汁入りのめんつゆなど、動物由来の原料が含まれていることが多いですよね。

 

動物由来の原料が入っていることが一目で判断できるものから判断できないものまで…。

 

私自身、こんなものにまで…!?と驚いた調味料もいくつかあります。。

 

そこで今回は、身近にあるけど気づきにくい、非植物性の調味料を4つご紹介します

 

ヴィーガン・ベジタリアン生活を日々実践されている方はもちろん、これから挑戦してみたいと思っている方なども、日常生活の豆知識として、ぜひ参考にしてみてください♪

 

今回ご紹介した調味料以外で、実はこんなものも動物由来だよ!という情報をお持ちの方は、ぜひコメント欄でシェアしていただけますとうれしいです🙏

 

 

1.味噌

ソース画像を表示

市販の味噌・加工味噌などには「かつお出汁」が含まれていることが多いです。

 

また液状タイプの味噌や出汁入りの味噌は、製造の過程で熱を加えられることも多く、味噌が持つ酵素が死滅してしまっているものも。

 

「酒精」や「アルコール」と表記があるものも同様。

 

※死滅した菌でも、整腸作用を促してくれるそうですが、生きている菌を取り入れたいならば「生みそ」がおすすめです。

 

 


ヴィーガンの方におすすめの味噌の選択肢


原材料が大豆、塩、米のみのシンプルなもの。

 

 

2.蜂蜜

ソース画像を表示

蜂蜜は蜂がいないと得られない食品。蜂が採集した花蜜を蜂自身の唾液や酵素により分解することによって作られています。

 

 


ヴィーガンの方におすすめの蜂蜜の代替品


甘味料として、アガベシロップ / メープルシロップ / 甘酒 /米あめ など。

 

 

3.サトウキビ由来の精製糖

(白砂糖など)

ソース画像を表示

精製の過程で、牛などの骨を高温で焼き、炭化させた「骨炭」が使用されています。

 

 


白砂糖以外にも注意が必要な砂糖


・黒糖:純黒糖でない「加工黒糖や再生黒糖」は一部骨炭が使用されている可能性有り。

 

・きび糖:きび糖は無精製ではなく、途中で精製を止めたお砂糖のこと。

 

そのため、商品によっては途中までの精製過程で骨炭を使用している可能性も。

 

 


ヴィーガンの方におすすめの砂糖・甘味料の選択肢


・ヴィーガン認証マークがついた商品の購入

 

・甜菜糖 / ココナッツシュガー / 純黒糖 / など。

 

 

4. ナンプラー

ソース画像を表示

トムヤムクンなどに欠かせないナンプラーは、魚を塩と共に漬け込み発酵させて作られます。

 

ナンプラーはタイ語で、ベトナムではヌクマムという名前で知られ、日本でも海に近い地域では「魚醤」という名前で親しまれています。

 

 


ヴィーガンの方におすすめのナンプラーの代替品


・ヴィーガン向けのナンプラー商品

 

・塩や醤油で代替することもおすすめ!

 

 

5.その他にも気をつけたい成分「アミノ酸等」

ソース画像を表示

低価格の「みりん風調味料」などに含まれていることが多い成分「アミノ酸等」

 

アミノ酸等には、動物由来と植物由来があり、動物由来のものには、牛や豚の軟骨などが使用されているそうです。

 

しかし、食品表示には「アミノ酸等」としか記載がないため、詳細は情報は業者に確認することをおすすめします。

 

※ 調味料以外にも、インスタントや嗜好品などにも含まれていることが多いため要チェックです。

シェアする

COMMENT

おすすめ記事