プラスチックフリーへの第一歩!

地球に優しいプラスチック代替品

〜バスルーム編〜

Bene2021.12.02

今回は、前回好評だったプラスチック代替品キッチン編に引き続き、地球に優しいバスルーム用品のプラスチック代替品をまとめてみました。

 

石鹸、シャンプーリンス、歯ブラシ、フロス、掃除用ブラシ、カミソリ、歯磨き粉、お掃除ブラシといった、日々の暮らしの中で使うものにほんの少し気を使うだけで、プラスチック・マイクロプラスチック削減につながります!

 

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

① 固形石鹸

■ メリット

・場所を取らない

・一般的に液体石鹸よりも洗浄力が高い

 

 

■ デメリット

・前に使った時の汚れなどが表面に付着することがある

・泡立てに時間がかかる

・洗浄力が高い分、乾燥しやすい

 

 

《ポイント》

イギリス発の「LUSH(ラッシュ)」ならユニークな固形石鹸が見つかるかも?!

 

 

② シャンプー・コンディショナーバー

セレブにも人気のシャンプーバーとは?メリット・デメリット、おすすめの商品を紹介!!

■ メリット

・場所をとらない

・旅行の時にも持ち運びやすい

 

 

■ デメリット

・液体シャンプーに比べ泡立ちにくい

・カラーやパーマ時に使いにくい

 

 

《ポイント》

ニュージーランド発の「ethique (エティーク) 」が有名!

 

 

③ 竹歯ブラシ

■ メリット

・毎月交換している人なら年間120g程度のプラスチック削減

・長持ち

 

 

■ デメリット

・売られているところが限られている

・通気性の悪い場所に放置しておくと、カビる場合がある

 

 

《ポイント》

店舗にはあまり流通していないようなので(2021年現在)、アマゾンや楽天などをチェックしてみて♪

 

 

④ ロールタイプのデンタルフロス

■ メリット

・ホルダーがない分コスパが良い

・小回りが効く

 

 

■ デメリット

・持ち手がない分、慣れるまでやりづらい

 

 

《ポイント》

竹やとうもろこしといった天然素材から作られたフロスもあるみたい!

 

 

⑤ 天然素材の掃除用ブラシ

■ メリット

・掃除の度に流出してしまうマイクロプラスチックを防げる

 

 

■ デメリット

・ブラシの毛の部分がプラスチックだったり、もしくは動物性な時がある

 

 

《ポイント》

REDECKER(レデッカー) 」には植物繊維の毛を使っている商品もあるのでヴィーガンの方におすすめ!

 

 

⑥ 替え刃のあるカミソリ

■ メリット

・経済的

 

 

■ デメリット

・特になし

 

 

《ポイント》

持ち手の部分が金属製のカミソリを選ぶとよりプラスチック削減につながる!

 

 

⑦ タブレットタイプ歯磨き粉

■ メリット

・旅行の時に必要な分だけ持っていける

・唾液の接触がないため衛生的

 

 

■ デメリット

・美味しくないことが多い

 

 

《ポイント》

自然由来の原料のみを使用したものやヴィーガン対応のものなど、バラエティ豊富!

 

 

⑧ へちまボディスポンジ

■ メリット

・お肌がツルツルになる

・ミトンタイプ、柄付きタイプなど種類が豊富

 

 

■ デメリット

・物によっては硬すぎると感じてしまうかも

 

 

《ポイント》

カビを防ぐ上で通気性がかなり重要なので、風通しの良いところで保管するのがおすすめ!

シェアする

COMMENT

おすすめ記事