ラップ不使用でキッチンから脱プラスチック!

ご飯の冷凍保存に便利なプラフリーアイテム5選

Bene2022.02.05

ソース画像を表示

突然ですが、みなさんはご飯を冷凍する際、どのようにして保存していますか?

 

炊きたてのご飯は美味しいけれど、その都度ご飯を炊いたり、内釜を洗ったりするのは手間がかかりますよね。

 

そこで、少し多めに炊いてラップで冷凍保存する方も多いのではないでしょうか?

 

実は、私も少し前までは便利さや簡単などといった理由からラップを使っていました。

 

今回は、ラップを使わない「ご飯の冷凍術」をご紹介します🍙

 

一度包んだだけのラップを捨てる自分の行動をふと思い返して、もったいないことをしているな…と改めて痛感したのが、今回の投稿に至ったきっかけです。

 

ラップは便利なアイテムである一方で、私たちの健康へのリスクやプラスチックゴミを増やすことに繋がっているのも事実です。

 

今回の投稿で0か100の選択肢ではなく、0から1の行動に繋がるきっかけとなりましたら幸いです✨

 

 

1.安心で手軽な「ガラス容器」

きっとどのご家庭にも一つは常備されているのではないでしょうか?

 

ご飯の冷凍ストックに挑戦したことがない方は、ガラス容器から始めるのもいいかもしれません。

 

 

《 メリット 》

・安心できる素材

 

・中身もよく見えて使いやすい

 

・冷凍、温め、食べるまでがガラスタッパー1つで済む

 

 

《 デメリット 》

・ガラス容器を複数揃えるのはなかなか難しい

 

・かさばるため、ある程度のスペース確保が必要

 

 

《 POINT 》

ご飯を詰める際に、詰めすぎないこと!

 

冷凍すると中身が膨張するため、ガラスが割れる恐れも。

 

できる限り、ガラスタッパーの中央に寄せるように入れるのがポイントです。

 

 

2.ふっくらごはんに蘇らせる「布」

「さらし」などの木綿の薄い布を使って、ご飯を冷凍させるのもおすすめです。

 

温めるときは、凍ったまま電子レンジで加熱するだけ♪

 

蒸し器を使えばそのまま蒸し上げることもでき、ほかほかでよりふっくらしたご飯が食べられるのが魅力的です。

 

 

《 メリット 》

・綿のふきんは簡単に手に入り、再利用できる

 

・濡らしたふきんはほとんどご飯がつかない

 

・安価で手に入る

 

 

《 デメリット 》

・使い終わった布をきれいに洗ったり、清潔に保つ手間がかかる

 

・冷凍庫の場所によっては、全体に霜が付いて取り出す時に苦労することも

 

※ その際は、下にクッキングシートなどを敷くことで接着を防げます

 

濡れふきんで包んだご飯を重ねて冷凍するときも同様です。

 

 

《 POINT 》

・ご飯がくっつきにくいのは「さらし」または「ガーゼ」がおすすめ。

 

・使用する布を水で「よく濡らして固く絞る」のがカギ!

 

※ 十分に濡れていないと、温めた後にご飯が布にくっついてしまうため注意。

 

 

3.手を汚さずに冷凍できる「シリコン製のおにぎりケース」

容器に入れて閉じて軽く握れば、あっという間におにぎり型のご飯ストックが完成♪

 

 

《 メリット 》

・1膳分ずつたくさん小分けして作れる

 

・型からきれいに簡単に取り外すことができ、洗うのもストレスフリー♪

 

・必要なだけ買い足しができる

 

・100均などで、安価に手に入る

 

 

《 デメリット 》

・使い始めはシリコンの臭いが少し気になる(衛生上の問題はなし)

 

 

4.プラスチックフリー容器の大革命「スタッシャー」

これ一つで、食品の調理・保存・小物入れまで幅広く使えて大活躍!

 

先程の、おにぎりケースで作ったおにぎりをこの中に入れれば、ストックにも大助かり✨

 

 

《 メリット 》

・食品用品質として認められている100%ピュアプラチナシリコンを使用

 

・ストックだけでなく調理も可能

 

 

《 デメリット 》

・使い始めはシリコンの臭いが少し気になる(衛生上の問題はなし)

 

・他のものと比較し、少し値段が張る

 

 

5.お菓子作り以外でも優秀アイテム「クッキングシート」

ソース画像を表示

クッキングシートでご飯を包むことで、ご飯の熱で水滴がつきますが、破れたり染み出ることはありません。

 

使った後も、洗って乾かせば繰り返し使えてエコ♪

 

 

《 メリット 》

・簡単に購入できる

 

・安価で入手できる

 

・ラップと同様に使える

 

 

《 デメリット 》

・プラスチックフリーとはいえ、ゴミが出る

 

 

《 POINT 》

食品に直接触れるため、クッキングシートは無漂白タイプ・シリコン樹脂加工されたものがおすすめ。

 

 

食品を包むだけであれば、みつろうラップもおすすめです✨

 

無理のない範囲でサステナブルな生活を目指してみてくださいね。

シェアする

COMMENT

おすすめ記事