昔ながらのシンプルな製法

無添加・無農薬・皮まで安心!

本物の梅干しを見分ける3つのポイント

Bene2022.03.31

ソース画像を表示

こんにちは!

 

今回は、「本物の梅干しを見分ける3つのポイント」をご紹介します。

 

梅干といえば、日本人のソウルフードの一つ!

 

コンビニに行けば、梅おにぎりやお弁当のご飯の上にも添えられていますよね。

 

・疲労回復

・美容

・アンチエイジング

・熱中症予防など

 

健康な効果も期待できる梅干し。

 

本来ならば、シンプルな材料で作られている梅干しですが、実は、梅干しの多くは添加物が含まれています。

 

「一日一粒で医者いらず」という言葉があるように、せっかくなら、健康・美容のためにも質の良いものを取り入れたいですよね。

 

ぜひ、今回の投稿を参考にしてください。

 

 

1.安心・安全な梅干しを選ぶ3つのポイント

ソース画像を表示

①食品添加物は不使用

 

②無農薬・無化学肥料

 

③天然塩を使用

 

 

2.梅干しを選ぶポイント①

できる限り「食品添加物は不使用」

梅干し に対する画像結果

シンプルな梅干しの特徴


梅干しは、梅と食塩だけを使用した塩抜きをしていないもの、またはしそを加えて漬けたものなど、シンプルな材料で作られた梅干しを選ぶのがおすすめです。

 

・塩分はおよそ18%~20%

(長期間腐らないために)

 

・塩分濃度が高いため長期保存が可能

(商品によっては1年以上保存できるものも)

 

・保存料・甘味料無添加

 

安価な梅干しは塩分10%未満にも関わらず「合成保存料」によって長期保存が可能になっています。

 

 


調味梅干の特徴


梅干しの中でも「調味梅干」とは、塩漬けされた梅干しを塩抜きして、新たな調味液で漬けなおしたものを言います。

 

・塩分濃度が低いため日持ちがしない(3%〜10%が多い)

 

・冷蔵保存が必要

 

・添加物が多いなど

 

 

3.梅干しを選ぶポイント②

「無農薬・無化学肥料」

ソース画像を表示

梅には様々な農薬が使われますが、収穫した梅そのものを商品加工するため、体内への残留農薬のリスクが払拭できません。

 

できる限り無農薬栽培のものを選ぶことがおすすめです。

 

 

4.梅干しを選ぶポイント③

「天然塩」

塩には、天然塩(自然塩)を使用している梅干しがおすすめ。

 

天然塩には、全体の20%ほどに、ナトリウム / カルシウム / 鉄セレン / 銅亜鉛 / マグネシウム / クロム / ヨウ素などミネラルが豊富!

 

天然塩は塩分を体外に排出する働きもあります。

 

健康の観点から減塩なども注目されていますが、まずは塩の「質」にこだわることも大切です。

 

 

6.まとめ

ソース画像を表示

市販の梅干しのパッケージには、「おばあちゃんの〇〇」「こだわりの○○」など、なんとなく体によさそうなうたい文句が綴られつつも、成分表示を見ると、添加物がたくさん含まれていることも。

 

できる限り、シンプルな原材料で構成された食品を手に取る癖を身につけ、体にも環境にも優しい選択を心がけていきたいですね。

シェアする

COMMENT

おすすめ記事