コーヒーカスを捨てずに再利用

暮らしに役立つ5つのアイディア

Bene2022.06.10

今回は、毎日自宅でコーヒーをドリップして楽しんでいる方こそ知ってほしい!

 

「コーヒーかすの活用法」をご紹介します。

 

コーヒーをドリップしたあとは、どうしてもコーヒーかすがでてしまい、そのまま捨ててしまう方が多いかと思います。

 

私は、昔からコーヒーが大好きで、多いときは1日に4杯も飲んでしまうほど…

 

飲んでいて、ふと気になったのがコーヒーを淹れた後の「コーヒーかすの処理」。

 

何杯も飲むとけっこうな量のコーヒーかすが発生してしまうんですよね。

 

つい先月の、5月30日の”ゴミ0の日”で「ゴミを資源化する」という言葉が改めて身に染み、今回の投稿を作るきっかけに至りました。

 

今までコーヒーかすをそのままゴミ箱に捨ててしまっていた方、必見です。

 

コーヒーかすに限らず、あるゴミを新たに活用しているよ!って方はぜひコメント欄で教えてくださいね✨

 

 

1. 消臭&除湿剤に

シューズボックスのなかは、イヤなニオイが気になりがち。

 

空き瓶や100均一に売っているお茶パックに入れておいておくだけ!

 

シューズクロークや靴の消臭剤にも◎

 

 

2.ゴミバケツの脱臭効果

スプーン一杯ほどを直接ふりかけることでなごみの嫌な匂いを吸収!

 

コーヒーかすはアンモニアの脱臭効果が高いので、赤ちゃんのおむつ用ごみバケツには特におすすめ♪

 

 

3.魚のグリルの消臭

ソース画像を表示

魚を焼いた後のグリルに残ったいやな臭いもコーヒーかすで解決できます◎

 

乾いたグリルにコーヒーかすを敷いて、乾燥するくらいまで加熱することで驚くほど臭いが取れます!

 

 

4.入浴時のリラックス効果

コーヒーかすをストッキングや目の細かいネットに入れ、お風呂に浸ければコーヒー風呂の完成!

 

コーヒーの香りを感じると、a波というリラックス時にでる脳波が増加するそうです。

 

※ コーヒーの色が残りやすいため、入浴後は浴槽をよく洗うことと、シャワーなどで身体に付着したコーヒーをよく落とすことを忘れないようにしてくださいね♪ 

シェアする

COMMENT

おすすめ記事