このカエルマーク知ってる?

レインフォレストアライアンス認証

Bene2022.07.22

みなさんはこのカエルマークを見たことはありますか?

 

このマークは、レインフォレストアライアンス認証と言います。

 

森林や生態系の保護、農園の労働環境など、持続可能な農業のための包括的な基準を満たした農園に与えられる認証制度です。

 

商業伐採や農地への転用などにより、世界の森林が急速に減少し、生物多様性や気候変動に悪影響を及ぼしています。

 

さらに、途上国の農業生産者は、劣悪な労働環境と低い賃金に悩まされているケースも少なくありません。

 

これらの問題に対応するためにレインフォレスト・アライアンスは、森林や野生生物、農民や森林コミュニティを多種多様なパートナーと力を合わせて守り、持続可能な世界を目指しています。

 

この制度の仕組みや意味、どんな商品に使われているのか、早速ご紹介します♪

 

※ レインフォレストアライアンス認証が使用されている商品を使っている方、何の商品を使っているのか、ぜひコメント欄で教えてくださいね♪

 

 

1.レインフォレストアライアンス認証って?

熱帯雨林や生産者を守る「レインフォレスト・アライアンス」認証制度

1987年に設立された、国際的な非営利環境保護団体。

 

レインフォレスト・アライアンス認証とは、森林や生態系の保護、農園の労働環境など、持続可能な農業のための包括的な基準を満たした農園に与えられる認証制度。

 

その認証製品・または原料が「環境・社会・経済の強化につながる方法」で生産されたことを証明しています。

 

 

2.その目的とは

レインフォレスト・アライアンス認証は、消費者が人と「自然のためのより良い未来」の創造に貢献する製品を認識し、選択しやすくするために誕生しました。

 

カエルは健全な環境があってこそ、個体数や種類を保てるとされており、科学者が「生物指標」として注目してきた存在。

 

アカメアマガエルは創設当時に活動を始めた中南米の熱帯雨林区でごく当たり前に生息しており、生物持続可能な社会の実現を目指すためのシンボルとして、カエルマークが採用されています。

 

 

3.マーク認証における好影響

■ 森林:森林破壊を回避。自然林に対する保護の推進

 

■人権:農村で働く人々の権利を推進

 

■ 気候:気候変動への対応、責任ある土地管理方法を推進

 

■ 生活水準:生産者と森林コミュニティに対して持続可能な生計の機会を普及

 

 

4.認証マークは何に使われてる?

■ バナナやコーヒー、チョコレートなどの食品

 

■ 環境に配慮した観光業

 

■ 包材や段ボールなどの紙製品など

 

今後の投稿で、私たちの身の身の回りにあるレインフォレストアライアンス認証商品をご紹介しますので、お楽しみに♪

シェアする

COMMENT

おすすめ記事